5ちゃんねる削除依頼はメールで

送信先のアドレスは、「meiyokison@5ch.net」

5ちゃんねる(5ch)では、削除の窓口を設けており、そこにメールを送ることで、削除依頼が受理されます。 メールの本文には、ちゃんとした理由を書いたほうがいいようです。

日本語でOK

5ちゃんねるの運営会社はフィリピンの会社ですが、削除依頼のメールは日本語で大丈夫です。

身分証明書
削除依頼には、申請する人の「本人確認のための資料」を添付する必要があります。これは、要するに身分証明書のことです。免許証やパスポートなどです。 身分証明書がないと、受け付けてもらえません。

追加資料をも求められることも

逮捕歴などの削除には、裁判所の仮処分についての決定文など、追加の資料を求められることがあるようです。

「メール方式」導入の経緯

5ちゃんねる(5ch)掲示板の削除依頼の方法が、2014年8月下旬から、メールによる申請に変更されました。

「新しい削除体制」を発表

事実上の新ガイドライン

5ちゃんねるの新しい削除方法は、以下のページで告知されました。これは、実質的に新しい削除ガイドラインと位置付けられます。
http://qb5.5ch.net/saku2ch/

個人の名誉毀損に迅速に対応

5ちゃんねるの削除の新しい基本方針(新ガイドライン)では、個人の名誉毀損やプライバシー侵害に該当する書き込みについては、裁判所(法的手続き)を経なくても、迅速に対応するという姿勢が示されています。

法人についての削除は、「裁判で仮処分」の後

ただ、企業や団体、医療機関など法人からの削除依頼については、「裁判所で削除の仮処分命令を獲得する必要がある」としており、仮処分命令を取得し、その通知書を2ちゃんねるに送ることで、削除に至るというプロセスになっています。

犯罪者(容疑者)の前科についての削除は、「裁判で仮処分命令」の後

一般個人であっても、犯罪者(容疑者)の前科についての情報や報道の転載については、「裁判所で削除の仮処分命令を獲得する必要がある」としています。

5ちゃんねるが弁護士を選別?

「5ちゃんが認めた弁護士」について言及

5ちゃんねるの削除の新しい基本方針では「5ちゃんねるが認めた弁護士からの請求」については、削除に応じるとしています。

裁判所の削除の仮処分決定には「従う」と明言

5ちゃんねるの削除の新しい基本体制によると、裁判所の仮処分決定には「原則として従う」としています。削除の命令が出た場合は、仮処分の通知書を専用メールアドレス(meiyokison@5ch.net)に送れば済みます。

仮処分決定の通知書の公開は不要に

これまで5ちゃんねるの削除について、裁判所から仮処分決定が下されたときには、その通知書をネット上に公開したうえで、5chの掲示板にURLを公開する必要がありました。 しかし、新しい方式では、その必要がなくなりました。

炎上・拡散リスクが減少

以前は、削除の仮処分決定の通知書を公開したことで削除を希望している人やその弁護士に対する誹謗中傷が行われることが多く、かえって拡散や炎上を招くことがありました。このため、「拡散・炎上による被害拡大が怖い」という理由で、裁判所への削除の仮処分申請を思いとどまる人が大勢いました。2ちゃんねるの方針が変わったことで、今後は仮処分を申請する個人や法人が増えると予想されます。

一部伏字やイニシャルでも、削除の対象になる

5ちゃんねるの新しい削除体制では、掲示板に書かれた氏名が一部であったり、イニシャルであったりしても、名誉毀損に該当すれば、削除の対象になるとしています。

削除されるとどうなる?

「あぼーん」などの表示

5ちゃんねるでレスが削除されると、削除後は「あぼーん」などの文字が表示されます。スレッドごと削除されたときは、スレッドのタイトルが「あぼーん」になり、1件目の投稿も「あぼーん」になる場合が多いようです。

スマホ版のレスも自動的に削除

パソコン版の5ちゃんスレッドやレスが削除されると、スマホ版も数時間後に自動的に削除される場合が多いようです。

以下、公式サイト「5ちゃんねる削除体制」(2017年10月)から引用

【基本原則】

表現の自由は、最大限保障されるべきものである。 ただし、表現の自由も絶対無制限のものではなく、他人の権利を侵害するものについては削除を行う。削除理由については具体的には明示しないこともあります。
ただし、異議を申し立てる機会を与え、審議の結果、削除された記事が再掲載される可能性はある。

【削除フロー】

権利侵害を主張する者は、メール(meiyokison@5ch.net)で削除要請を出すことができる。
            ↓
※削除要請の際には、
  件名 削除申し立て
  内容 URL
     レス番号
     削除理由
     理由を根拠付ける資料があれば添付
     本人確認のための資料
  を添付するものとする。
            ↓
理由及び資料を踏まえ、削除の是非を判断する。

異議申し立て

メール(meiyokison@5ch.net)にて異議を申し立てる機会を与える。異議申し立て期間は記事が削除されてから7日間とする。

※異議申し立てに際しては、
  件名 削除異議申し立て
  内容 URL
     レス番号
     異議申し立て理由
     理由を根拠付ける資料があれば添付
     本人確認のための資料
  を添付するものとする。
            ↓
削除人が、異議申し立て理由及び資料を踏まえ、記事を再掲載すべきかの判断を行う。

裁判所の仮処分決定

Loki Technology Inc.を名宛人とする裁判所の決定については、原則として、従う。
裁判所に関する決定が出た場合は、メールにて、5ちゃんねるに対するメール(meiyokison@5ch.net)に対して、疎明資料を添付の上で、削除請求するものとする。

5ちゃんねるが認めた弁護士からの請求

5ちゃんねるが、過去に受けた請求から、表現の自由を配慮したリーガルマインドを持った弁護士と認めた者からの請求については、正当な理由があるものについて、原則として対応するものとする。

【削除判断基準】

権利侵害とは何か。
法的保護に値する利益を侵害すること、をいう。法的保護に値する利益は、時代とともに、変化するものである。以下は、一般的に裁判上も認められている利益である。
削除は、リクエストのあった記事について、対応の可否を判断するものとする。

1:名誉

個人ないし法人の社会的評価を低下させる事実を摘示するもの。

2:プライバシー

人の名前(イニシャル等であっても、個人の特定)、住所、家族の名前、電話番号等の組み合わせで、個人のプライバシーを侵害していると判断できるもの。

3:平穏に生活する利益

他人に危害を加えることを予告するもの。
悪質な殺害予告については、掲示板上で公開することがある。

4:社会に害悪が生じる現実的危険性がある情報

例えば、爆弾を製造する方法、薬物の売買をうかがわせる情報

犯罪に関する情報及び法人に関する情報の場合は、原則として、裁判手続きによって仮処分を取得して、司法判断を待つことにする。

以上、引用元:https://qb5.5ch.net/saku2ch/(2017年10月時点)